Happy Life with Handmade

Presented byヴォーグ学園ロゴ

TOPICS
ハンドメイド情報

イベント

江戸時代のおもむき「松聲閣」への誘い

TAGS

みなさんは、東京文京区にある「松聲閣」という名前を聞いたことはありますか?
江戸時代から幕臣 細川家の下屋敷となり、明治時代には細川家の本邸となった文京区に位置する歴史的に貴重な建物です。幾度となく時代に合わせて増改築され、今年1月リニューアルオープン。そんな新しい「松聲閣」の和室で下記の通りワークショップを行います。
夏のひと時、風情ある肥後細川庭園を眺めながら色彩と墨に戯れてみませんか?

イベント名:
文京・肥後細川庭園の四季を愛でながら
色彩と墨にたわむる・・・「夏編・青の聲をきく」
ワークショップ2017

内 容:墨と色彩の表現を味わいながら、迎え来る夏の思い出を飾るアルバムづくり
このワークショップは上手に絵を描こうというものではなく、筆に触れ、墨の濃淡、絵の具のにじみなどを楽しみながら、1回ごとに作品を仕上げて持ち帰り、暮らしの中で飾ってみようというものです。今回はミニアルバムを制作します。
いつも「私は絵心がないから・・・」「筆なんて中学校以来使ってないし・・・」と、しり込みしていた方も勢いよく筆に墨を付け、思いがけない擦れやぼかしに一喜一憂して、あっという間の2時間少し・・・それぞれに良い感じの作品を仕上げていらっしゃいます。

携行品:特にありません。当日アルバムに思い出の写真等を貼りたい方は是非ご持参ください。会場にも自由にお使いいただける「夏」「青」をイメージした写真を少しご用意。
もちろん後日ご自宅で貼り付けて完成!でもOKです。

開催日:2017年7月22日(土) 
時 間:1回目10:30~13:00 2回目14:30~17:00
受 付:各回開始15分前から行います。
    ※松聲閣内は一般公開されています。庭園の散策もご自由にどうぞ
定 員:各回10名ほど
講 師:村西 恵津(むらにし えつ)

「春編・緑の聲をきく」の授業風景です。

【プロフィール】
色と墨を駆使した作品を数多く生み出しているイラストレーター。
江戸扇子の扇面画(九州沖縄サミット公式贈答品デザインの採用)婦人雑誌や企業情報誌などのカバーイラストを描く。ホームページの絵手紙コラムは大人の日常絵手紙風で人気を博している。

村西恵津のホームページ
http://www.etsu-design.com



2014年には「モダン絵てがみ」(日本ヴォーグ社)を刊行、2017年5月には「筆ペンでなぞり描き 国宝・鳥獣戯画と国芳の猫、北斎漫画」が(株)日本文芸社より好評発売中!

場 所:肥後細川庭園内「松聲閣」和室(菊・朝顔)にて
    文京区目白台1-1-22
会場やアクセス詳細はこちら

申 込&お問い合わせ:下記アトリエNESTのメールへ、「参加者名」、「希望時間」、「連絡先」をご記入いただきお送りください。
    ateliernest0@gmail.com
    ※申し込み後2~3日以内にアトリエNESTより返信します。もしも返信が無い場合は、お手数ですが再度お知らせください。
※現在、村西先生の講座や絵画教室にご参加の方はその旨ご記入いただければ、特典として割引がございます。
費 用:1回5,000円(画材、材料費一式、お茶&季節のお菓子代含む)
企 画:2016年より活動スタートした「チーム彩時気」。色彩学校
の1期で色彩心理を共に学んだ仲間、村西恵津・佐々木はるみ・杉原佳子で実施。
協 賛:エル・リフォーム DIYスタジオ・エル
主 催:アトリエNEST 杉原佳子(Facebook
    色彩心理カウンセラー。文京区内で色彩心理をベースにし、様々な分野のプロフェッショナルな方達とのコラボワークショップを企画・運営。

現在、講師・村西恵津はヴォーグ学園東京校にて、下記講座を開講中
「モダン絵てがみ」透明水彩絵具と墨で描く、新しいはがき絵の世界

企画者の思い

・素敵な作品にみせられて・
村西先生の絵をこれまでもずっと拝見していますが、訪れたことのない国の風景や文化が題材になっている絵はもちろん、私たちの日常の中にある、衣食住のふとした一場面を、村西先生の視点を通して、そのときに感じた五感からのイメージが加わった絵であることに、とても惹かれていました。 
  私たちも、自分が見ている風景に、五感からのイメージを加えて、絵を描けるようになったら素敵だろうな、というそんな思いから、この企画が始まりました。

・集った方々との楽しいひと時・
これまで開催している中、初めて参加された方でも時間内に仕上がり、誰一人として同じ絵がないところには驚かされます。
描き終わった後に、お互いの絵を拝見しつつ、その方がどんなお気持ちを描いたのかをお聞きする時間もとても楽しいものです。

・心落ち着く癒しの空間・
癒しの時間:村西先生の使う、和紙、墨、水彩絵の具…どれもが実は人の心を和ましてくれる素材ばかり。
場所は日本家屋、お花などの室礼、日本茶とお菓子の提供などにも拘り、総合的に和の文化を堪能できる時間をご提供していきたいと思っています。

アトリエNEST 杉原佳子

RECENT POST最近の記事

記事一覧