Happy Life with Handmade

Presented byヴォーグ学園ロゴ

TOPICS
ハンドメイド情報

コラム

フレンチテイスト×フラワーペインティング、
川島詠子さんのトールペイントに注目!

TAGS

「絵心がないから無理かな…」と思う方も、「この花なら描いてみたい!」と思わせちゃう、魅力たっぷりの花のトールペイントで大人気の川島詠子さん

リアルな花を描くだけでなく、おしゃれな色使いや作品のデザインに魅せられるペインターさんがたくさんいらっしゃいます。川島さん自身も大好きなフレンチテイストですべての作品が描かれているので、作品をおうちに飾るたびに部屋がおしゃれに変身するのです。どの作品も、まるで外国の雑貨のようなおしゃれさが魅力です。

川島さんの最新刊、『川島詠子のトールペイント 花のデザイン帖』では、川島さんが日頃大切にしている「色」をテーマに作品を展開。普段あまり使わない色にもチャレンジしていただきました。

作品写真のスタイリングは、すべて川島さん自身によるもの。小道具もほぼすべてご自宅から持ってきたものを使っています!

撮影/白井由香里

またこの本は、花を描く手順がとても細かく解説されています。この掲載方法は川島さんからのご希望でした。いつも「生徒さんが描きやすいようにするには?」、「わかりやすい描き方は?」と考えてらっしゃる川島さんらしいご提案により実現した、渾身のページです!

また川島さんの作品の特長である、流れるような英字や細かいフレームデザインは、作品の完成度がぐっと上がり、おしゃれ度も一気に上げてくれる大事なデザインです。でも文字や細かいラインを描くことは、本当に難しいテクニックで、絶対に線の太さにムラが出るし、ヨレヨレしちゃうこともしばしば…。

その問題を一気に解決したのが、シルクスクリーン。 川島さんが細かいデザインも表現可能なシルクスクリーンに目を付け、「絵の具を使って模様を写せる方法はないかな?」と日々研究を重ねてようやくきれいな転写方法を発見! 現在、ペインターの中で大ヒットツールとなっています。 しかも最新刊の『川島詠子のトールペイント 花のデザイン帖』には川島さん特製のシルクスクリーンが付いているんですよ! ぜひ実際に使って、お試しくださいね。

撮影/田邊美樹

研究熱心で、描くことが大好きな川島さん。しかも、とても明るくて楽しい作家さんなので、お教室に行って習うのもおすすめです! 今後の制作活動にも目が離せません!

川島詠子(かわしまえいこ) プロフィール 女子美術短大卒業後、ニューヨークへ留学。ファインアート、コンテンポラリーアートを学ぶ。帰国後、花で暮らしを彩る「Les Fleurs De Kawashima(レ・フルール・ド カワシマ)」を主宰。著書に『トールペイントのアイデアギフト』、『花の図案集105』(ともに日本ヴォーグ社刊)、『フレンチシックな花雑貨』(サン-ケイ刊)、『川島詠子のトールペイント 花のデザイン帖』(日本ヴォーグ社刊)がある。 http://www.scn-net.ne.jp/~flower.p/

WRITER'S PROFILE

霜島絢子

トールペイントの専門誌『ペイントクラフトデザインズ』(日本ヴォーグ社刊)の編集者。誌名が『ペイントクラフト』の頃から10年以上携わっている。現在、作品の描き方を校正しているヒラリンと共に、ペイントクラフトデザインズの編集のほか、ブログやfacebookにて、日々トールペイント関連情報を発信中。
http://www.tezukuritown.com/paintcraft/

現在ヴォーグ学園各校で、出版記念セミナーを企画中、学園WEBサイトをチェックしておいて下さいね。

ヴォーグ学園の関連講座
(ヴォーグ学園WEBへ)
名古屋校 川島詠子のペイント塾
心斎橋校 川島詠子のペイント塾

RECENT POST最近の記事

記事一覧