Happy Life with Handmade

Presented byヴォーグ学園ロゴ

TOPICS
ハンドメイド情報

キルターの「ある一日」

キルターのある一日~中村 登志子さんの一日~

TAGS

パッチワーク愛好家のニーズに応えるワイドな内容のパッチワークキルトの専門誌『キルトジャパン』。その中の人気記事、キルターの「ある一日」をご紹介します。 「Happy Life with Handmade」を実践されているキルト作家の皆さんに、作品作りやお教室の合間にふと感じたこと、ショッピングや旅行など、日常での一コマなどを、日記を綴るように語っていただきました。

中村登志子さんの一日 12月24日 日曜日

本日は月に一度のイノベーションクラスの日。
名前は重々しいけれど、メンバーが制作中のキルトを見せ合ったり、アドバイスをもらったり、針休めの針仕事をしたり、結構ゆるいかも(笑)。

今日は嶺井壽美子先生提案の、四角形の布からゼムクリップを使ってヘキサゴンを作るという目からうろこの技法を試してみました。みんな「すご~い、楽しい~、はまりそ~」の声。それから秋の作品展に向けて販売品の制作や提案など。

私たちの作品展には毎回販売コーナーを設けるのですが、楽しみにいらっしゃるお客様に喜んでもらえるような、キルト小物を今回は充実させようということに。そこそこ簡単で見栄えもよく、売れる人気商品。そんなことを考えるのもなかなか面白く、勉強にもなります。

展示会販売用試作小ものの数々。

でも今日は早めに切り上げてクリスマス忘年会。一人一品の持ち寄り。ま~豪華、ま~口のよく動くこと、ま~美味しい!

クリスマス忘年会の豪華なごちそう。

今年一年に感謝し、良き来年になるようみんなで精進を誓って、楽しい宴はお開きです。

QUILTER'S PROFILE

中村登志子

富山県高岡市在住。 (公財)日本手芸普及協会指導員。ショップと教室を兼ねた「キルトスタジオ 志布(シフ)」オーナー。http://patchworkshifu.web.fc2.com/       



キルトジャパン2018年1月号新春vol.172好評発売中

[特集1]
アップリケを極める

[特集2]
パッチワークを楽しむ 春のファッションアイテム

キルトジャパンWEBサイト

パッチワークキルトの資格を取得するなら
ヴォーグ学園 パッチワーク資格取得講座

RECENT POST最近の記事

記事一覧