Happy Life with Handmade

Presented byヴォーグ学園ロゴ

TOPICS
ハンドメイド情報

コラム

タイカービングの魅力を現代に伝えるソープカービング&キャンドルカービング

TAGS

タイカービングとは、タイに 700年以上前から伝わるタイの伝統手工芸です。野菜や果物に美しい彫刻を施し、 灯篭流しの儀式の飾りに装飾されたのが始まりといわれています。その後は、宮中女性のたしなみとして受け継がれ、現在では男女関係なく、料理人の一技術として「カービング」が世界中で注目を集めています。

日本では、季節に影響を受けないソープ(石鹸)に人気があり、最近は、キャンドルカービングなどの人気が高まっています。
ソープカービングは、1個の石鹸を彫るタイプと、お花などを切り出してフラワーアレンジのように飾るソープアレンジなど、アート+芳香+インテリアとしても喜ばれています。メディアにも頻繁に取り上げられるようになり、人気の習い事として国内でも認知度がUPしてきました。

キャンドルカービングは、タイカービングの分野でもここ数年で人気急上昇のカービングです。火を灯すことが出来るので、カービングの陰影がさらに際立ちます。火を灯さないランタンやレリーフ彫りなど、石鹸のように形や大きさに制限がなく、色や香りをつけたり、溶かして固めれば再利用できるのも大きな魅力のひとつです。

タイカービングと言っても、フルーツや野菜、石鹸、キャンドルなどの素材によって、それぞれに彫り方の特長があります。みなさんは、どんな素材を彫ってみたいですか?まずはナイフを手にして、挑戦することから始めてみませんか。

PROFILE

川口 ひろ子(かわぐち ひろこ)

「RocoCarving」主宰。タイのカービングスクール「MALISA」で様々な彫刻技法を習得する。フルーツ、ソープカービングをベースにキャンドル等の新しい素材を積極的に作品づくりに取り入れ、「楽しいカービング」を目指して活動中。福岡県在住。

ヴォーグ学園の関連講座
(ヴォーグ学園WEBへ)
天神校 楽しいソープ&キャンドルカービング

RECENT POST最近の記事

記事一覧